SKOLOCT×ojaga design

東京原宿に生まれた摩訶不思議な生命体のお話です。 それは“スコロクト”という名前の奇妙な奇妙な“いきもの”です。 本当の言葉を聞き分ける大きな耳。 本当の事を見るための大きなギョロリ目玉。 どんな物でも食べてしまう大きな口。 そして“にせもの”を引き裂くための三本の爪。 スコロクトは人間の世界で色々な事を見てきました。 楽しいこと、悲しいこと、喜ぶこと、怒ること。 綺麗なこと、汚いこと、悪いこと、正しいこと、どっちでもないこと。 人間とは難しい生き物です。 スコロクトは旅に出ました。 雨の日、晴れの日、曇りの日、雪の日も。 長い長い道を、てくてく、てくてくと歩いてイキマス。 それは“本当のこと”を探す旅なのです。 地球儀の上を歩いて、スコロクトは色々な国を旅します。 そして世界の色々な地に足跡を残していくことでしょう。 でも、スコロクトの姿は誰にでも見えるものではありません。 “本当のこと”を探す“旅人”の傍に(そば)にフラリと現れます。 心を静かに澄まして見てください。 スコロクトは、そこにいますよ。 (文/田中雄一郎)

 

It is a story of a mysterious creature born in Harajuku, Tokyo. It's a strange and strange "living thing" named "Skoloct". A big ear to recognize the true word. A big gyorori eyeball to see the real thing. A big mouth that eats anything. And three claws to tear "fake". Skoloct has seen many things in the human world. Fun, sad, happy, angry. Beautiful, dirty, bad, right, and neither. Humans are difficult creatures. Skoloct has traveled. Rainy days, sunny days, cloudy days, snow days.It's a long, long walk, and a long walk. It's a journey to find the "real thing." Walking on the globe, Skoloct travels through different countries. And it will leave footprints in various parts of the world. However, the appearance of Skoloct is not visible to everyone. It appears flirly by (around) the "traveler" who is looking for the "real thing." Please keep your mind quiet and clear. Skoloct is there. (Text/Yuichiro Tanaka)

English
English